ご遺骨の行き先、考えたことありますか?

2015年の国勢調査の結果では、全世帯の約6割が単身あるいは、夫婦のみの二人世帯であることがわかっています。
そのため、お墓の継承者がおらず無縁墓になってしまったり、お墓をあきらめざるを得ない人も多くなっています。
海洋散骨や永代供養墓、手元供養などの新しい供養のカタチを考えてみませんか?

粉骨・散骨とは
日本海洋散骨協会のガイドラインに基づき、ご遺骨を1mm~2mmに粉砕化して海洋にて散骨をします。法律にこれを禁止する規定はなく、一部地域の条例を除いて法規制の対象外とされています。また、散骨については、法務省が1991年に、葬送のための祭祀として節度をもって行われる限り遺骨遺棄罪(刑法190条)に違反しないとの見解を示しています。このように、散骨は「節度を持って行われる限り」自由に行うことができます。
粉骨・散骨とは

お申込みの流れ

  • お問い合わせ
    お問い合わせ
    面談のうえ供養種別のご希望をお伺いし、必要書類等の準備をします。
    日本海洋散骨協会認定アドバイザーが、お客さまのご要望をもとに、最適な供養をご提案 いたします。
  • 申込書の作成
    申込書の作成
    代行海洋散骨ご遺骨粉末化同意書╱埋葬許可書等のコピーほか 永代供養墓埋葬許可書╱墓所申込書 ほか
  • ご遺骨のお預かり
    ご遺骨のお預かり
    当社へお持込みいただくか、ご自宅へお伺いしお預かりさせていただきます。
    ※ご自宅訪問の場合は、別途引き取り料を申し受けます。
  • ご遺骨の粉末化
    ご遺骨の粉末化
    日本海洋散骨協会のガイドラインに基づき、遺骨を遺骨と判らない程度(1mm~2mm) に粉末化します。

サービス一覧

  • 海洋散骨
    海洋散骨
    パウダー状に粉骨して、海へ散骨します。
    散骨場所の緯度と経度を記した証明書を発行します。
  • 合祀永代供養墓
    合祀永代供養墓
    墓守がいないなどの理由で、需要が増えつつある墓地形態のひとつです。
  • 手元供養
    手元供養
    ご遺骨の一部を分骨してお仏壇などにご安置します。行政手続き等はございませんのでご相談ください。
    ご遺骨の一部を用い、ペンダント・指輪などに加工しアクセサリーとして身に着けていただけます。

よくある質問

  • どうして粉骨をしなければいけないのですか?
    海洋散骨を行うには、日本海洋散骨協会のガイドラインにも記されているとおり、遺骨を遺骨と判らない程度に粉末化しなければなりません。
  • 粉骨はどこで行われるのでしょうか?
    お預かりしたご遺骨は当社にて責任をもって粉骨いたします。
  • 粉骨したご遺骨はどのように供養すればいいでしょうか?
    選択肢として、海洋散骨、合祀型永代供養墓への入墓、手元供養などがあげられます